柔軟性を持って書く楽しさ

ライターの仕事に慣れてくると、収入が上がってくることになります。
そして自分で仕事を選ぶということも出来るようになるのです。
募集を見て応募をした時に、この仕事よりもこの仕事にしようと思うこともあるでしょう。
でもそれにはある程度年月がかかります。

いつの時期に来たら、プロと言えるのか…と悩むこともあるでしょう。
でもお金をもらっている時点でプロだと考えることも出来ます。
プロのライターとして働いているという誇りを持つことは大切なことです。
でもクライアントがあってこその仕事ということは、忘れてはいけません。
クライアントがあるからこそ、文章を書くことが出来るのです。
どのような文章を求めているのか、そして役立つ文章を書きたいと思っているうちに、自分自身のスキルも上がってきます。
そして読み手のことも意識するようになるのです。
文章を書くということは、それを読んでくれる人がいるということになります。
読み手のことを意識した文章が書けるようになってくれば、読み手と対話をした文章の書き方も出来るようになるのです。
柔軟性のある仕事の仕方が出来るようになると、ライターという仕事は更に楽しいものになります。
そしてこの仕事を選んで良かったと思えることでしょう。

ページ上に戻る